便利な知識

作業服の男性

エアコンは冷暖房効果や除湿機能を兼ね備えた家電製品です。
一般家電と異なる部分は「一般人には取り付け工事が行えない」という部分です。
場合によっては家屋に穴を開ける必要があるため、エアコン取り付け工事は一般的に専門業者に依頼するのが通例となっています。

取り付け工事に関して知っておきたい豆知識の1つとしては【繁忙期を避けて依頼する】という点があります。
特に7月8月はエアコンの取り付け工事に関する需要が殊更高まる傾向にあります。
そのため、この時期に取り付けを依頼すると、料金が加算されたり、取付が行われるまでの時期が2週間から1ヶ月程度を要する場合があります。
なので、時期を見極める必要があるのです。
2つ目の豆知識としては【取り付け場所の確認】です。
エアコンを設置するためには取付場所を確保する必要があります。
設置するエアコンの幅と、また傍にコンセントが設けられているかどうか、そしてダクトを通すための穴が開いているかどうかの3点です。
エアコンは機種によってコンセントの形が異なります。
また通常のコンセントではなく、特殊な形状のものであるため、コンセントがあったとしてもエアコンに使用できない場合があります。
ダクトを通す穴が無いと家屋に穴を開ける工事が別途必要になります。
賃貸の場合に関しては、穴を開けてよいか大家に了承を得る必要があり、万が一許可されないと取付を行うことが出来ないのです。
なので【購入する前に設置する予定の場所の採寸を測っておくこと】【コンセントの形を確認しておくこと】【賃貸ならダクトを通すための穴を開けてよいか確認を取ること】の3点が求められます。
最後に、取付を行うのは工事を専門に請け負っている業者がほとんどです。
そのため、作業を行う時は室温に注意して、扇風機や送風機などを用意するなどの心遣いを行うと、作業の効率化にもつながります。
取り付け工事の際には時期やサイズ、作業をする人間への心遣いが重要になるのです。

取り付けのケース

梱包された室外機

エアコンは日本において暑い季節を乗り切るためには必需品になってきました。
最近では最高気温が35℃を超えて猛暑日になることも多いです。
それにより、熱中症になる人も増えています。
夏になる前はエアコンを購入する人が急激に増えます。
それに伴い、取り付け工事を一緒に依頼する人も多いです。
エアコンを販売している家電販売店と、取り付け工事を行う業者がつながっていることも多く、対応もスムーズに行ってもらうことができるので便利です。
今まではエアコンを敬遠していたお年寄り世代の人も、エアコンを購入して取り付けるケースが増えています。
お年寄りは熱中症になっていることに気づきにくく、気付くと体に異変が起きていることが多いです。
そのために本人や子供など家族たちが心配して取り付けるケースも増えています。
さらに、寝室や子供部屋など、今まで取り付けていなかった部屋にも追加で取り付ける人も多く、工事件数としては増え続けていく傾向にあります。
そのために、春が過ぎて少しずつ暑くなるに伴い、エアコンを購入して工事を依頼したい時には、自分の都合に合わないことも増えていく傾向にあります。
特に土日などは工事業者のスケジュールが埋まっていくのも早いので、早めに購入と工事の依頼をしておくと、都合よくエアコンをつけてもらうことができるようになります。

また、真夏などのハイシーズンには、人気の会社の製品の場合、希望するエアコンの機種が売り切れていたり、メーカーに在庫がなくて取り寄せてもらうのに時間がかかることがあります。
近所に大きなマンションが立て続けに建築されたり、戸建て分譲地が増えている場合も品薄になる傾向にあります。
戸建て分譲地の場合、エアコンの購入や取り付けは各世帯で負担することも多いので、たくさんの人が購入することがあります。
取り付け工事の際には、立ち合いが必要になるケースが多いので、時間の余裕のある時を選んで、工事を依頼するとベターです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930